Vol.7 「ついに来た! 期待のバレンタインデー」 の巻

2006.02.14

yoshida20060214

今日はバレンタインデーです。毎年義理チョコだけの僕ですが、今年はチョット期待していました。それなのに今日に限って出先の仕事がなかなか終わらず、やっと会社に戻ったのが8時過ぎ、もちろん社内は誰1人居なくてガラーンとしていました。
でも、あったんです。僕の机の上に。
ハートの形の赤いリボンのついたチョコレート。
それだけじゃないんです。
カードには

「お疲れ様でした。名月で待ってます。絶対に来てくださいね   」

ナンテ書いてありました。

ヤッター 今日は彼女とバレンタイン・デートだぁー! さっさと仕事を片付けてタクシーに飛び乗り、彼女の待つ名月へ急ぎました。

ドキドキしながら店のドアを開けると、何やら聞き覚えのある笑い声が・・・・

そうです。同じ課の皆が、ワイワイと楽しそうに飲み会をやってました。そればかりか、先輩も後輩も、皆あのハートのチョコレートを持っているんです。どーやら今年も義理チョコ。とんだ勘違いの様でした。

気を取り直して席に着くと、彼女がビールをついでくれました。

「あのチョコ、Kちゃんと2人から」だって。

「ありがとう。」って言うのがやっとでした。

活アジタタキ

活アジタタキ

カキのみぞれ鍋

カキのみぞれ鍋

かんぱちのカマ塩焼き

かんぱちのカマ塩焼き

ヒレ酒

ひれ酒

とにかくお腹がすいていたので「活鯵タタキ」「カキのみぞれ鍋」 「かんぱちのカマ塩焼き」 そして前回気に入った「ひれ酒」を頼みました。

Kちゃんは後輩のTとすっかり盛り上がってるし、彼女も先輩なんかとすごく楽しそうにしてるし、1人だけシラフの僕だけが、この場のノリについて行けませんでした。僕の注文した料理が出てきた頃、Kちゃん達若手が

「カラオケに行こう。」

と、言い始めました。皆もすっかりその気になっていると彼女が

「吉田君食べているし、私、少し残るから先に行って。」

そんな訳で、思いがけず彼女と2人だけになってしまいました。

2人でヒレ酒を飲みながら、取り留めの無い話をしているだけなのに、何だかイイ感じで、とっても幸せな気持ちになりました。

「そういえばこの前、吉田君好きな人がいるって言ってたけど誰なの? 教えてー」

と、彼女。やったぁー! ついに告白チャンス! でも、何て言おう。

「ボ・ボッ・僕の好きなのは・・・」

と、その時、Kちゃんのメールが僕に、先輩からのメールが彼女に届きました。

「早くカラオケに来てください。吉田さんと一緒に歌いたいです。」

なんと言うタイミングの悪さ。せっかくのチャンスだったのに。仕方なく2人で名月をあとに、カラオケに向かいました。

 

やれやれ・・・・・

白子湯葉

白子湯葉

okaikei20060214

追伸

今日は、あとチョットで吉田くんの好きな人、聞けてのになぁー

誰なんだろう。気になるなぁー

もしかして、私だったりして・・・・

彼女

 

追伸

実は私、吉田さんに渡そうと思って頑張ってチョコ作って持ってきたのに。

酔っ払ったT君にカラオケで食べられちゃいましたぁー もう、イヤ!

どうして、こういつも邪魔が入っちゃうんだろう。

 

親方からのお知らせ

吉田君の日記を最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ここで皆様にプレゼントがあります。

今回は「抹茶アイス」です。

キーワードは「彼女の洋服の色」

御来店お待ちしております。

次回の「吉田君の名月日記」をお楽しみに!!

親方

とらふぐコースのご案内

2018/11/15 とらふぐコース始めました